ハッカーとは?

ハッカーは非常に獲得困難な非常に貴重なソフトウエアー・エンジニアのことを指しています。あらゆるプログラミング言語やツールを短期間に身に付け、すぐに使いこなせる段階まで辿り着けるソフトウエアーエンジニアのことです。弊社は下記の通りの特徴をハッカーは持つと見ています。

性格 価値 生産性(例)
内界が究極に深く、口頭でのやりとりが困難気味な方もおり、アプローチし難い。 新規技術の第一線のアーリアプダター。結果、企業は手っ取り早く新しい技術に触れ、常に競合性を高く保持出来る。 Google社、70/20/10ルールの「10」は実質ハッキングタイムです。実際、Gmailはその10で開発された。
言語を使用した解説やプロセス解明に優れいて、非常にロジカルな頭脳を持つ。 既存のツールを利用し、オリジナリティに富んだ、且つデキの優れた新しいツールの開発が出来る。結果、企業は常に第一線のイノベーションをキープでき、世界が変えられる。 TwitterというサービスはOdeo社のサイド・プロジェクトだった。
細部に極端に拘り、解決の挑戦する題がなくなると、飽きてしまう。恣意性を好まない。自分オリジナルのメソッドを考察し、世界を変える。 困難な問題解決が趣味で、企業内のコードをRefactoringしたり、プロセス効率が向上。 Facebook社のハッキング用の時間は勤務時間の100%に近い。エンジニア達はFacebookのコードを全体をいじれる(インターフェースからDBまで)。実際、FacebookConnectはハッキング時間内に生まれた。